いざ住宅を建てようとしたとき、理想の家を作る注文住宅ではなく建売住宅を選んだのは、「待てなかったから」です。一つ一つ好みに合わせて選びながら、作り上げていく注文住宅はもちろん長い目で見ると、理想の建て方に違いありません。

作業状況を基礎工事から確認できるという点でも、欠陥工事のリスクが低い安全な方法だとは思いますが、目に見えるようになるまでに時間がかかります。すでに出来上がっている建売住宅は、見て・入って選ぶことが出来、手続きさえ終えればすぐに入居し、新生活を始められるという点が魅力だったのです。

最近では、建売住宅でも、キッチンや内装が選べるというものも多く、そもそも家の作り自体も凝ったものが多くなっています。注文住宅に比べ、ある程度の妥協が必要となる可能性はあるものの、十分にメリットがあります。理想に従って建てる注文住宅といっても、実際に住んでみたら「ああしておけばよかった」と、住んで初めて気付くことというのはあるものです。