一戸建てを建てるときに、新築か中古か迷っている方は多いですね。
新築は、間取りや住宅素材など自分の希望が取り入れられて綺麗というメリットがあります。
中古は、古くて最新の設備はありませんが、安いのが魅力的です。
中古の物件は、数年たつと価値がかなり下がります。
ほかの人が住んだ家ということで、あまり短い間に売りに出されると何か理由があったのかと思う方も多いです。
物件では10年経過していても、気にならなければお得な物件になります。
綺麗にリフォームすることで、使いやすくすることもできます。
住宅設備では、どうしても新築が住みやすいです。
中古では柱や断熱材、窓や屋根といった構造部分は、しっかりした物件を選びましょう。
特に、ホルムアルデヒドなど建材でシックハウス症候群になるようなものは使っていないものを選ぶ必要はあります。
便利な土地を確保するなら、中古のほうがいい場合もあります。
自分のライフスタイルをしっかり考えて、決めましょう。